Top
タグ:本 ( 15 ) タグの人気記事
Top▲ |
真田丸!!!
ツイッター上で盛り上がってたので、どれどれ観てみるかねえと思って
18話を観ましてですね・・・
これ面白いやん!続き気になるやん!!むしろ三成いいよね?!?!てな感じで今に至ります・・・

長浜市が今本気で三成盛り上げ中なので、もともとそれを見てすごいな~本気の推しだと思っておりましたが、その熱量にあっさりあてられました;
転がり落ちるのはあっという間。ドラマを毎週追ってるの初めてかもしれないです。好きなドラマはあったけれど、毎週観ていたか記憶にないので。

そんなこんなで、そうなると当然バックボーンも知りたくなるわけで、いろいろ本を買ってみたりするわけですよ。
とりあえず戦国歴史は有名どころの名前くらいしか知らない初心者なので、わかりやすそう、入りやすそうなのから手に入れてみました。

義に生きたもう一人の武将 石田三成

三池 純正 / 宮帯出版社


石田三成からの手紙―12通の書状に見るその生き方

中井 俊一郎 / サンライズ出版


三成伝説―現代に残る石田三成の足跡

サンライズ出版


関ヶ原までの計略などは、まだそこまで理解できるほどその当時の人物たちを知らないので、とりあえずその系統は抜いて、人物に焦点をあてた資料本。
ん~、資料としてももちろん面白いですが、なんといっても「三成大好きなんで!!頑張って調べてます!!!」的オーラが文章からすごく出ていて良いです。
特に手紙本はその系統が強いですね。個人の性格がよく見えてきます。
領民に宛てた決まり事の内容が好き・・・こういう現場をちゃんと見てくれる上司良いです・・・。
真田信之とのやりとりは見てるこちらもほのぼのしてしまうんですが、その手紙を後世まで大事に取っておいた、という信之の想いが感慨深いです。

あと「こういう解釈できたか」という本

戦国人物伝 石田三成 (コミック版 日本の歴史)

加来耕三 / ポプラ社


小学校高学年向けの人物伝本。かなり格好良く描かれてます。主役ですしね。
絵も見やすく、中国大返しの話や忍城の水攻め(これの解釈が世間とちょっと違ってます)もちゃんと入ってます。ざっくりと三成の流れを知りたい人にはかなり良いかと思います。
マンガ日本史シリーズも気になるのよなー。大島やすいち氏が描いてるし。この日本史シリーズは大御所漫画家さんたちが名を連ねていてびっくりです。

あとは真田家関連
資料本も気になるけど、とりあえずざっくりわかるために

マンガで読む真田三代

すずき孔 / 戎光祥出版


監修は真田丸の時代考証をされてる方なので、解釈は史実に近いのではと思います。
真田家創始者から信之が真田家を安定させるまで&小松姫、の内容。
昌幸や信繁は今回大河とだいたい合ってますが、信之小松姫夫婦は史実と大河で結構離れてる感じがしますね。史実通りだと固すぎて救いがなさげになってしまうからかな・・・

あと、名前は超有名なのに、どのようにこの時動いてたのかはよく知らなかったので

朱黒の仁 壱 (Nemuki+コミックス)

槇 えびし / 朝日新聞出版


全3巻、幸村の出陣から討ち死にまで。
・・・・いや~~~、久々にこういう「真っ直ぐな狂気」を見ました。目的がただ一つな故に滅びる先へ向かうしかない。そんな中でも次の世代へ希望を託す。そんな話。
3巻しかないですが読み応えありです。絵柄の線が細いので、男性にはちと読みづらいかもですが、話は重厚ですよ。

↑の漫画がかなり重かったので、もうちょっと狂気を抜いたのがほしい・・・と思って購入

ふぅ~ん、真田丸

みかめ ゆきよみ / 実業之日本社


こちらは監修ありの幸村の生涯を描いた漫画。ギャグも入ってるのですが史実に合わせてるので上手いなあと。入門編として優秀だと思います。
もうちょっとキャラの書き分けができていたらありがたかったです。これ誰?てのが何人か出てきちゃったので;

関ヶ原関連も、調べると合戦当日以前にいろいろ調略をやっていたりして、当然ですが当日だけの話ではなかったんだなーと今更ながら歴史の面白さを感じています。
吉継好きは「浅井畷の戦い」を調べてみると良いですよー!北陸勢が関ヶ原に出てこなかった理由がわかります。吉継働き者や・・・。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2016-06-27 23:52 | 徒然な話 | Trackback | Comments(2)
雨の美術館というのも
なかなか乙な雰囲気でよろしいですな
a0048237_18231411.jpg




今の携帯の画像がでっかいので下に入れる
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-10-05 19:10 | 外出の話 | Trackback | Comments(0)
気楽に食べるやつ
この間の3連休の日曜に、浜松のSAへドライブがてら行ってきました。
いい天気だったせいか人出も凄かった~。
お昼時に行ったので、富士宮焼きそばの屋台に長い行列が出来てました。
食べたかったけど諦めて、肉巻きおにぎり(静岡なのに宮崎名物)を食べて一息ついたら
焼きそばの屋台の列がなくなってるしorz 食べれば良かった。
食べたことないわけじゃないんですが、市販品じゃないのを食べてみたかったデス。

B-1グルメグランプリ
今回は甲府の鶏もつ煮が優勝だったようですね。
これってかなり地域への貢献してますよね。焼きそばもホルモンも飲み屋やお店でたくさん見かけますしね。


愛しのローカルごはん旅

たかぎ なおこ / メディアファクトリー


B級グルメといってもメジャーなものが紹介されてるのが多いんですが
個人的にいいな、と思ったのが埼玉グルメ。
埼玉って、県はわかるのに名物とか聞かれると「?」となることが多いので
(私の親戚の殆どが埼玉にいるので埼玉に縁はあるんですが、名物というと草加せんべいしか思いつかないんです)
色々と知れて面白かったです。ゼリーフライもいいけど、やきとり豚が美味しそう。



[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2010-09-23 23:41 | 料理・食べ物の話 | Trackback | Comments(2)
動き出す(らしい)
ソニー・KDDI・凸版・朝日、電子書籍事業で新会社

この間の記事で、電子書籍がうんたらかんたらと長文を書きましたが
どうやら日本でもちょっと現実味が出てきたもよう。
ソニーかー。PSPに付加でもつけんのかな。

電子書籍がメインになるとすると、買ってもらうためのアピール方法が変わってきますね。
今でもネット上でお試し読みが出来たりしますが、立ち読み機能がサイトによって違うので
読めるのと読めないのが出てくるんですよね。あれかなり面倒。
そういう「面倒くさい」ところがなくなって、もっと手軽に読めるようにしてほしいなー。

どうも電子書籍を推したい人の意見は、
マンガや本を山ほど持っていて、常に読むことをしていて、持っている冊数がすごく多い人のばかりなので
そりゃ電子化したいだろうけど・・・
自分は寝転びながらだらだらと1冊か2冊読めればいいので、今のところは本形式で十分です。
電子化がメインになるなら、そのくらいの簡単で気楽なハードを希望。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2010-05-27 23:59 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
現在気になるニュース類
口蹄疫

青少年健全育成条例改正案

ipad普及に伴い、電子書籍はどうなるのか




ネット上で情報が流れ、もうテレビはいらんだろうとかよく言われてますが、
何だかんだで、まだテレビの力は強いですよね・・・。
いくらネットで強く語っても、テレビ番組でそれなりの事を語られたら、その気になりやすいというか。
ネットで色々知った人は、テレビとの矛盾を感じることが出来るので良いのですが、
ネットは一般に普及しているか、といえば、まだまだだと思います。それが現状。


口蹄疫のニュースはテレビでおまけ扱い。
青少年健全育成条例改正案に至っては触られもしませんね。
ニュースで流れないから、たいしたことない・・・と感じてもおかしくありません。
そして悲しいことに、選挙によく行くような人たちがそういう「ネットは必要ないので持ってない世代」なんですよね。
こんなに、こんなにテレビでの情報操作(規制というより操作していると言う方が合ってる)がひどい状態なのに「ちょっとおかしいな」程度で終わっちゃう世代。
もっとネット融合型、視聴者参加型の番組があると(もちろん生放送で)面白くなるだろうになあ。作る側や上の人の事情ばかり説明されても困ります。


<口蹄疫>スーパー種牛の感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃
このニュースがわかりやすいですかね。

 宮崎県畜産課には早朝から、避難させた種牛の感染について「だめじゃないか」などと、県の管理の甘さへの抗議の電話がかかっているという。

種牛の避難は、早いうちから県知事が国に要請していたはずですが、
国がGOサインをいつまでも出さなかったから被害甚大になったというのは
ネットでは既に流れている情報です。
それでもテレビ側が「県知事が悪い、県が悪い」的報道をしたがために、こういう印象を持ってしまう人がいると言うことで。(事実この書き方も、暗に県が悪いという印象を植え付けてます)

ネット関連で、ちょっと別話題になるので折りたたみ
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2010-05-22 23:30 | いろいろ思う話 | Trackback | Comments(2)
しょっぱん
食パンをつい「しょっぱん」と発音してしまいます。

まいにちトースト (Rucola Books)

たかはし みき / 技術評論社

以前の記事にも載せましたが、あれから買って読みました。
いろんなトーストのトッピングがずらり。どれも美味しそう。
いろいろ凝ったトーストもいいですが、何だかんだでシンプルなものが一番美味しそうに見えます。
マーガリン+ジャムの組み合わせは美味いよね・・・カロリーがっつりありますけど・・・

こんなのもありました↓
\゚∀゚おいしい食パンの食べ方゚∀゚/2枚目

マヨを塗って砂糖ふりかけるって考えはなかった!
上の本以上にいろんな食べ方がありますね。

どっちにも載ってなかった
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2010-03-25 22:58 | 料理・食べ物の話 | Trackback | Comments(0)
ファミコン版テトリスにも使われてたっけ


プルシェンコとマートン仲良し動画
というか、ロシアの人にとってカリンカは「ねこふんじゃった」みたいなもんなのか。


あまぞーんで見かけて気にはなっていましたが、
本屋で見つけてちょっと読んでみたら、読みやすかったので購入。

氷上の美しき戦士たち

田村 明子 / 新書館


表紙の通り、男子フィギュアスケートに焦点を当てて書かれた本。
最近フィギュアスケートを知った人こそ読んでみるといいかもしれません。
フィギュアスケートというスポーツをずっと見てきた人だからこその内容がつまっています。
あと、作者さんが通訳もされてるというのもあってか、文章がとても読みやすいです。専門用語が多いはずなのにするっと読めるんですよね。すごいなー。

地道に土台を作った上での、華やかな世界があるのだなというのを感じました。

もう一冊著書があるようなので、是非そちらも読んでみたいです。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2010-03-20 00:25 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(2)
何でも使いよう
ぼすやんがこれを買ってくれとうるさいです

現代萌衛星図鑑

しきしま ふげん / 三才ブックス



タイトルだけ見るとウワァという感じなのですが、
内容はかなり真面目らしいです。
いつぞやの武器図鑑みたいなもんかなー。

流行に乗っかってやってるだけの軽いモノが多い中、
「いろんな人に見てもらうきっかけ」として萌えを利用、なら有りですねー。

擬人化流行ってんなーと思いつつ、日本人自体がもともと擬人化するの好きだよな、とも思ったり。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2010-03-16 23:58 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
物持ちいいっていうんだろうか
オレンジページの切り抜きが、1992年分からありました。
気に入った号だけ買っているので数はそんなにないのですが、それでもよく持ってるなーと思います。
ホチキスで止めているだけなので、ちょうどいいバインダとかあったら欲しいところです。この雑誌はA4より微妙にサイズがでかいからなー。

このシリーズのうちの3冊も持ってます。
このムック類で、「朝ごはんの本」を買ったのがオレンジページを買うきっかけでした。
確か1990年発行。さすがによれってますけど、内容は現在の料理とぜんぜん変わらないので未だに参考にしています。


しかし最近、レタスクラブの方が好みになってきました。
何となく今のオレンジページ、見た目だけ派手で内容があんまり追いついてない感じがするんですよね;
好みと言われたらそれまでなんですが、もうちょっと画面がシンプルでもいいような。あと料理部分が少なくなってきてるし・・・。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2009-11-14 23:32 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
学校推薦ときたもんだ

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

西原 理恵子 / 理論社



娘の学校での、夏休みおすすめ図書にこの本が入ってました。
サイバラ本が学校おすすめとは・・・!!!

これから世の中に出て行く子たちへのメッセージが強く込められた自叙伝でした。
タイトルから期待したらちょっと違うかな?と感じる人もいそうです。事実私ももうちょっときっつい事を書いてあるのかと思いましたし。
大人向けとしては少々物足りないかもしれません。

でも、たくさんの未来の大人に読んで欲しい本です。
自分で金を稼ぐってのは大事だと思います。それが基本なのに、最近これを忘れたり思い出せない人が多い気がします。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2009-07-14 23:51 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
| ページトップ |