Top
タグ:マンガ ( 84 ) タグの人気記事
Top▲ |
真田丸!!!
ツイッター上で盛り上がってたので、どれどれ観てみるかねえと思って
18話を観ましてですね・・・
これ面白いやん!続き気になるやん!!むしろ三成いいよね?!?!てな感じで今に至ります・・・

長浜市が今本気で三成盛り上げ中なので、もともとそれを見てすごいな~本気の推しだと思っておりましたが、その熱量にあっさりあてられました;
転がり落ちるのはあっという間。ドラマを毎週追ってるの初めてかもしれないです。好きなドラマはあったけれど、毎週観ていたか記憶にないので。

そんなこんなで、そうなると当然バックボーンも知りたくなるわけで、いろいろ本を買ってみたりするわけですよ。
とりあえず戦国歴史は有名どころの名前くらいしか知らない初心者なので、わかりやすそう、入りやすそうなのから手に入れてみました。

義に生きたもう一人の武将 石田三成

三池 純正 / 宮帯出版社


石田三成からの手紙―12通の書状に見るその生き方

中井 俊一郎 / サンライズ出版


三成伝説―現代に残る石田三成の足跡

サンライズ出版


関ヶ原までの計略などは、まだそこまで理解できるほどその当時の人物たちを知らないので、とりあえずその系統は抜いて、人物に焦点をあてた資料本。
ん~、資料としてももちろん面白いですが、なんといっても「三成大好きなんで!!頑張って調べてます!!!」的オーラが文章からすごく出ていて良いです。
特に手紙本はその系統が強いですね。個人の性格がよく見えてきます。
領民に宛てた決まり事の内容が好き・・・こういう現場をちゃんと見てくれる上司良いです・・・。
真田信之とのやりとりは見てるこちらもほのぼのしてしまうんですが、その手紙を後世まで大事に取っておいた、という信之の想いが感慨深いです。

あと「こういう解釈できたか」という本

戦国人物伝 石田三成 (コミック版 日本の歴史)

加来耕三 / ポプラ社


小学校高学年向けの人物伝本。かなり格好良く描かれてます。主役ですしね。
絵も見やすく、中国大返しの話や忍城の水攻め(これの解釈が世間とちょっと違ってます)もちゃんと入ってます。ざっくりと三成の流れを知りたい人にはかなり良いかと思います。
マンガ日本史シリーズも気になるのよなー。大島やすいち氏が描いてるし。この日本史シリーズは大御所漫画家さんたちが名を連ねていてびっくりです。

あとは真田家関連
資料本も気になるけど、とりあえずざっくりわかるために

マンガで読む真田三代

すずき孔 / 戎光祥出版


監修は真田丸の時代考証をされてる方なので、解釈は史実に近いのではと思います。
真田家創始者から信之が真田家を安定させるまで&小松姫、の内容。
昌幸や信繁は今回大河とだいたい合ってますが、信之小松姫夫婦は史実と大河で結構離れてる感じがしますね。史実通りだと固すぎて救いがなさげになってしまうからかな・・・

あと、名前は超有名なのに、どのようにこの時動いてたのかはよく知らなかったので

朱黒の仁 壱 (Nemuki+コミックス)

槇 えびし / 朝日新聞出版


全3巻、幸村の出陣から討ち死にまで。
・・・・いや~~~、久々にこういう「真っ直ぐな狂気」を見ました。目的がただ一つな故に滅びる先へ向かうしかない。そんな中でも次の世代へ希望を託す。そんな話。
3巻しかないですが読み応えありです。絵柄の線が細いので、男性にはちと読みづらいかもですが、話は重厚ですよ。

↑の漫画がかなり重かったので、もうちょっと狂気を抜いたのがほしい・・・と思って購入

ふぅ~ん、真田丸

みかめ ゆきよみ / 実業之日本社


こちらは監修ありの幸村の生涯を描いた漫画。ギャグも入ってるのですが史実に合わせてるので上手いなあと。入門編として優秀だと思います。
もうちょっとキャラの書き分けができていたらありがたかったです。これ誰?てのが何人か出てきちゃったので;

関ヶ原関連も、調べると合戦当日以前にいろいろ調略をやっていたりして、当然ですが当日だけの話ではなかったんだなーと今更ながら歴史の面白さを感じています。
吉継好きは「浅井畷の戦い」を調べてみると良いですよー!北陸勢が関ヶ原に出てこなかった理由がわかります。吉継働き者や・・・。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2016-06-27 23:52 | 徒然な話 | Trackback | Comments(2)
豊橋美術博物館
a0048237_16212135.jpg

a0048237_16212125.jpg

豊橋まで知立経由めんどいわ…愛環とJRを使えばいいんじゃね?というわけで、「描く!マンガ展」行ってきました。

先駆者組の原稿も貴重だと思いますが、私にとっての見応えがあったのは島本和彦・平野耕太でした。もちろん他の作家さんも凄いですけど、画面からの熱量がハンパなかったです。

人混みはそこそこで、ゆっくりじっくり観られるのが地方開催の良いところですね!
駅からも市電に乗ってすぐだったし、行けそうな人は是非観てきて欲しいです。

豊橋の駅周辺とか見ていると、愛知県の第2都市はやっぱり豊橋かなーと思いますね。
豊田市は稼ぎ頭ではあるけど都市と言うほど大きくはないんだよね。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2016-05-04 16:21 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
毎年大災害が起きてる
今年もまだ4月だというのに、熊本県で阪神淡路クラスの大地震。
地震だけでなく、水害や強風、雪害もあったりするし、「いつでもどこでも突然災害は起こる」と考えて過ごさなければならないですね・・・。
防災用品を二階に置いているので、やっぱり玄関に置かなきゃ意味ないかなと思っていましたが、今回の地震で一階が潰れてしまったという話も多いので、一階二階で分けて置いておくのがいいのかなとも思います。
いざという時用の厚底靴を部屋に置いてありますが、これもだいぶ年数が経ったので、そろそろ更新時期かな。底の厚い靴がまた店頭に増えてきてるから今のうちに交換しとかないと。

愛知県は西日本扱いなので、九州産野菜もよく販売されています。
熊本産が今のところ一番多いので、これも来月あたりから影響が出てくると思われます。
昨日、4月なのにもう出てきた熊本産西瓜を食べましたよ。
超甘かったです。苺、みかんといい西瓜といい、果物も強いですよね熊本県。
これも来月あたりから手に入りにくくなるかもですね・・・。
道路整備や交通整備は一般人じゃ出来ない領域なので、そこはプロに頑張って欲しい所です。

熊本県といえばですね、以前に食べて「これはブログに書いてメモしとかな!」と思ってた
山うに豆腐!!!豆腐の味噌漬けなんですが、美味いのよ~~!

おとりよせ王子 飯田好実 コミック 1-6巻セット (ゼノンコミックス)

高瀬志帆 / 徳間書店


このマンガの1巻に出てきていて、美味しそうだと思っていたら、その後近くのデパートで九州物産展をやりまして(豊田市は九州出身者が多いので、九州物産展は北海道並に人気が高いのです)そこで試食したら、ええ美味くてですね~~、3種ほど購入しましたです。
私的には、柚子味が大変好みでした。万人受けの味はプレーンが一番だと思いますが、柚子が入ると風味が良くてどんどん箸が進みます!
現在はやはり地震の影響で配送が出来ていない状況のようですが、落ち着いたらぜひまた購入したい一品です。

こちらのまとめに詳しくあります↓
漫画「おとりよせ王子」で紹介された 絶品取り寄せグルメまとめ


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2016-04-18 22:06 | いろいろ思う話 | Trackback | Comments(0)
織部色
a0048237_16185577.jpg

a0048237_16185568.jpg

豊田市から土岐市は近いなぁ。

へうげもの を読んでると、こういう歴史館はテンション上がる〜。
茶杓!織部黒!とワーワーしながら見て回ってました。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-09-14 16:18 | 外出先の話 | Trackback | Comments(0)
続・浮世絵話

百日紅 (上) (ちくま文庫)

杉浦 日向子 / 筑摩書房


百日紅 (下) (ちくま文庫)

杉浦 日向子 / 筑摩書房


杉浦日向子の「百日紅」良かったです!こういう淡々と進む話、好きだわぁ。
北斎のおっちゃんやお栄もいい性格してますが、個人的に国直が良かった。
これはアニメも楽しみだなー。どういう解釈で作るんだろうなー。


磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 1 (ジャンプコミックス)

仲間 りょう / 集英社


前々から気になってはいたのですが、思い切って買ってみました。

く、くっだらね~~~~!
でも「浮世」ってこんな感じかもよ?と思わせてくれるマンガ。
母上様がいい味出してます。2巻も出てるし見かけたら買おう。


ひらひら 国芳一門浮世譚

岡田屋 鉄蔵 / 太田出版


先回記事に書いたマンガ。
作者さんは国芳大好きなんだな~、と思いました。
1巻でまとまっているので、話はちょっと物足りないですが、国芳好き好き加減が見えて良かったです。
元々がBL漫画家さんなので(↑のマンガにはBL要素はありません)、男の裸が多いのはご愛嬌かな。
吉原が出てるのに女性表現が目立ってないし。

現在、ぽこぽこ というサイトで
今度は芳雪が主人公のマンガ「むつのはな」が連載中ですね。続きが楽しみ。


アンカスZ も何も気にせず読んでましたが、この「ぽこぽこ」上の連載でした。

アンモラル・カスタマイズZ

カレー沢 薫 / 太田出版


カレー沢作品で一押し!!!(作品タイトルのリンクから試し読みできます)
下品に次ぐ下品なのですが、真理を突いてると思うの!!!


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-05-18 23:30 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
国芳ー!好きだー!
a0048237_12585848.jpg

でも画像は北斎の方が多い。

歌川国芳は、猫だとか金魚だとかで元々好きでしたが、先日「大浮世絵展」を観てきて、ますます好きになりました。
自分の顔を見せない自画像って!萌えるやろ!

「百日紅」は来年にプロダクションI.Gがアニメ化するとのことなので、杉浦日向子は読んだことないし読んでみようかと思った次第です。今からじっくり読む!

国芳一門のことを描いたマンガもあるとのことで、もう少ししたら届く筈、こっちもすごく楽しみです。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-05-02 12:58 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
映画「銀の匙」

アニメもいいけど実写向きだよね、と常々思っていたので観に行きました。




率直に
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-03-16 23:40 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
2014年に入りました
このブログ、2005年10月から始めてるので、
2005年もカウントに入れると、なんと今回で年越し10回目です!
いつの間に・・・。娘も私の背を越すわけだよ・・・。

2013年は、娘の進学も決まってあーもうやっと生活落ち着くよ~とか安心してたら
4月末~にぼすやんが緊急入院して(「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」という病気だったようで)、後から聞いた話だと本当に救急車物件だったらしく・・・
「神は言っている、ここで死ぬ定めではないと」という台詞が頭をよぎりましたとさ。
実際に運というのはあるんだなと思いましたね。

前半で悪い時期は去ったのか、その後は割と普通に過ごせた感じ。
義母が手術をしたけれど、それは元々予定のうちだったし。

あと2012年と同じように、年末にまた家リフォームを行いました。今度は風呂場系。
だいぶ前から限界来てるなってのをだましだましやってきて、まとまったお金が入ったのを機に一気に変えてもらいました。
あー、台所リフォームより大変だったかも。ごはん系は割とインスタントや外食をうまく使えば普段とそう変わらない生活が出来たのですが、水回り系は・・・洗濯も風呂も外へ行かないとってのは時間を食ってしょうがない。いくら近場にあるといっても「外に出る」というのは手間がかかるものです。
新しくしたお風呂は最新機能もついて快適~。ただ皆がフルに利用するので、この冬のガス代がどんくらいになるやらです。(うちはガス派です)

あ、再開したFSSはアレでしたよねー。読者はかなり去って行ったんだな・・・とコミケ参加して実感しました。
発表の仕方がもうちょっと何とかなってれば、という思いもありますが、それでも話の続きは気になるので、しばらくは読み続けます。
前にも書いた気がしますが、設定変更よりも、戦車の話が淡々と続く方が私的にきつかったんですよね;
バシクがいらん子じゃなかったから、もうそんだけで許す(単純)

今年は~そうだな~平穏無事に、というのは毎年必ず思う事ですし、
原稿をもうちょっと余裕もってやる、を目標とします。
毎回毎回ハイパー割増料金で印刷依頼!はどうにも無駄ですわな。
時間も大事だけど、お金も大事に。大人だからと時間を金で何とかするのも程ほどにしないとねぇ;

1日に書こうと思ったのに、23時くらいから書き始めたら日をまたいでしまいましたよ。
長文書くからいかんのか。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-01-02 00:35 | 徒然な話 | Trackback | Comments(0)
映画を観る前に
a0048237_15384747.jpg

a0048237_1538476.jpg

フードコートにある点心と炒飯の店ですが、トマトと聞いたら食べないわけにはいくめぇ。というわけでトマトリゾットです。美味しいです。
小籠包も頼んだけどね!

ところで、マウザー教授がまた2枚手に入ったんですが、欲しい方いませんか?だぶりまくってるのよ彼(;_;)


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2013-02-10 15:38 | 料理・食べ物の話 | Trackback | Comments(0)
三つ子の魂とはよく言ったもの
ツイッターのタグで、#思いついた懐かしいと思うアニメあげてけ というのが出てまして
最初に思いついたのが何故かこの作品↓

でもねー、スタージンガーというタイトルは出てくるんですが、OPEDやキャラ名は全然覚えてないんです・・・。
絵が印象的だったんかな。

そして、対照的に鮮明な記憶なのが下の作品

私がしっかり覚えているのは後期OPの方なんですが、それでもこの歌、今でもそらで歌えますね。
山本さんの作詞作曲は記憶に残りやすいです!
ゼンダ→オタスケ→ヤットデタ→イッパツ とシリーズを観てたっけな~。

一瞬ですがガッチャマンに萌えが掠った時期がありまして、
タイムボカンシリーズのキャラを集めたオリジナルDVDを購入したのですが(ゲストキャラとしてガッチャマンが出てるのです)そのアニメのOPも覚えやすかったです。
「王道復古」はタイムボカンシリーズが好きな人は買いですね。




[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2013-01-31 23:09 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
| ページトップ |