Top
タグ:オタ話 ( 121 ) タグの人気記事
Top▲ |
真田丸!!!
ツイッター上で盛り上がってたので、どれどれ観てみるかねえと思って
18話を観ましてですね・・・
これ面白いやん!続き気になるやん!!むしろ三成いいよね?!?!てな感じで今に至ります・・・

長浜市が今本気で三成盛り上げ中なので、もともとそれを見てすごいな~本気の推しだと思っておりましたが、その熱量にあっさりあてられました;
転がり落ちるのはあっという間。ドラマを毎週追ってるの初めてかもしれないです。好きなドラマはあったけれど、毎週観ていたか記憶にないので。

そんなこんなで、そうなると当然バックボーンも知りたくなるわけで、いろいろ本を買ってみたりするわけですよ。
とりあえず戦国歴史は有名どころの名前くらいしか知らない初心者なので、わかりやすそう、入りやすそうなのから手に入れてみました。

義に生きたもう一人の武将 石田三成

三池 純正 / 宮帯出版社


石田三成からの手紙―12通の書状に見るその生き方

中井 俊一郎 / サンライズ出版


三成伝説―現代に残る石田三成の足跡

サンライズ出版


関ヶ原までの計略などは、まだそこまで理解できるほどその当時の人物たちを知らないので、とりあえずその系統は抜いて、人物に焦点をあてた資料本。
ん~、資料としてももちろん面白いですが、なんといっても「三成大好きなんで!!頑張って調べてます!!!」的オーラが文章からすごく出ていて良いです。
特に手紙本はその系統が強いですね。個人の性格がよく見えてきます。
領民に宛てた決まり事の内容が好き・・・こういう現場をちゃんと見てくれる上司良いです・・・。
真田信之とのやりとりは見てるこちらもほのぼのしてしまうんですが、その手紙を後世まで大事に取っておいた、という信之の想いが感慨深いです。

あと「こういう解釈できたか」という本

戦国人物伝 石田三成 (コミック版 日本の歴史)

加来耕三 / ポプラ社


小学校高学年向けの人物伝本。かなり格好良く描かれてます。主役ですしね。
絵も見やすく、中国大返しの話や忍城の水攻め(これの解釈が世間とちょっと違ってます)もちゃんと入ってます。ざっくりと三成の流れを知りたい人にはかなり良いかと思います。
マンガ日本史シリーズも気になるのよなー。大島やすいち氏が描いてるし。この日本史シリーズは大御所漫画家さんたちが名を連ねていてびっくりです。

あとは真田家関連
資料本も気になるけど、とりあえずざっくりわかるために

マンガで読む真田三代

すずき孔 / 戎光祥出版


監修は真田丸の時代考証をされてる方なので、解釈は史実に近いのではと思います。
真田家創始者から信之が真田家を安定させるまで&小松姫、の内容。
昌幸や信繁は今回大河とだいたい合ってますが、信之小松姫夫婦は史実と大河で結構離れてる感じがしますね。史実通りだと固すぎて救いがなさげになってしまうからかな・・・

あと、名前は超有名なのに、どのようにこの時動いてたのかはよく知らなかったので

朱黒の仁 壱 (Nemuki+コミックス)

槇 えびし / 朝日新聞出版


全3巻、幸村の出陣から討ち死にまで。
・・・・いや~~~、久々にこういう「真っ直ぐな狂気」を見ました。目的がただ一つな故に滅びる先へ向かうしかない。そんな中でも次の世代へ希望を託す。そんな話。
3巻しかないですが読み応えありです。絵柄の線が細いので、男性にはちと読みづらいかもですが、話は重厚ですよ。

↑の漫画がかなり重かったので、もうちょっと狂気を抜いたのがほしい・・・と思って購入

ふぅ~ん、真田丸

みかめ ゆきよみ / 実業之日本社


こちらは監修ありの幸村の生涯を描いた漫画。ギャグも入ってるのですが史実に合わせてるので上手いなあと。入門編として優秀だと思います。
もうちょっとキャラの書き分けができていたらありがたかったです。これ誰?てのが何人か出てきちゃったので;

関ヶ原関連も、調べると合戦当日以前にいろいろ調略をやっていたりして、当然ですが当日だけの話ではなかったんだなーと今更ながら歴史の面白さを感じています。
吉継好きは「浅井畷の戦い」を調べてみると良いですよー!北陸勢が関ヶ原に出てこなかった理由がわかります。吉継働き者や・・・。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2016-06-27 23:52 | 徒然な話 | Trackback | Comments(2)
豊橋美術博物館
a0048237_16212135.jpg

a0048237_16212125.jpg

豊橋まで知立経由めんどいわ…愛環とJRを使えばいいんじゃね?というわけで、「描く!マンガ展」行ってきました。

先駆者組の原稿も貴重だと思いますが、私にとっての見応えがあったのは島本和彦・平野耕太でした。もちろん他の作家さんも凄いですけど、画面からの熱量がハンパなかったです。

人混みはそこそこで、ゆっくりじっくり観られるのが地方開催の良いところですね!
駅からも市電に乗ってすぐだったし、行けそうな人は是非観てきて欲しいです。

豊橋の駅周辺とか見ていると、愛知県の第2都市はやっぱり豊橋かなーと思いますね。
豊田市は稼ぎ頭ではあるけど都市と言うほど大きくはないんだよね。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2016-05-04 16:21 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
アドレナリン出る
a0048237_18542099.jpg

熱田にある紙の専門店「紙の温度」さん。
テレビ番組で紹介されていたので行ってみました。

…種類たくさんあるー!!和紙のみならずフランスドイツ他海外産も山ほど。紙で作ったアイテムも充実してました。
美術系を学んでいる人や、手作りグッズが好きな人は1日いても飽きないお店だと思います。
可愛い柄の紙がたくさんあって、このままインテリアとして飾っても良いんじゃないかな!
ええ勿論、同人誌の表紙にもいいよなーと思いましたよ!!手作り上製本に使ったら格好いいだろうなぁ。


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2015-12-19 18:54 | モノの話 | Trackback | Comments(0)
はしご二件め・安城市歴史博物館
a0048237_1733740.jpg

蒲郡を出てから、安城市の歴史博物館へ。
「北斎の富士」展。今月18日まで展示してるそうです。

画像にもありますが、
冨嶽三十六景と冨嶽百景の展示。
三十六景も良かったんですが、百景の彫りの細かさがね…!北斎の構図も凄いですけども、その細かい指示をしっかり再現した当時の摺師と彫師の技術に目を見張ります。
だってあれ、版画だよ!?あんな細かい線を彫って摺って大量生産だよ…!?
日本人は昔っから細かい作業に最高品質を見いだすんだなと。

ちなみに、この展示の入館料は300円。
竹島水族館は500円です。公営は低料金ですね…。
今日一番お金を使ったのはコメダでの食事でした(+×+)


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2015-10-11 17:03 | 外出先の話 | Trackback | Comments(0)
こだま指定席ガラガラだよ〜
a0048237_9101569.jpg

一回食べてみたかった、豊橋のお菓子ピレーネ。

お盆ど真ん中だから?朝一番を外したから?かわかりませんが、現在乗ってるこだま指定席はガラガラですよ。
二年前、豊橋から朝一の新幹線に乗ったら自由席は全然座れなかったからなあ〜コミケ初日にこんな楽でいいんだろうか。
雨雲は何となく怪しくなってますけどね(+×+)


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2015-08-14 09:10 | 外出先の話 | Trackback | Comments(0)
夏コミ前日ですね
今年の夏コミは明日から16日までですね
私は明日、久しぶりに、自分の参加日前日に一般参加します。
最近は一般参加というと、自分の参加日の次の日、だったので、
買うだけ買ったらすぐ帰る~てパターンだったのです。
明日は時間に余裕があるので・・・河鍋暁斎展やら亀戸天神やら行ってきますです!
コミケも楽しみなんだけど(評論ジャンルに初めて行けるしね)、明日の一番の目的は暁斎展。
名古屋にはなかなか企画展は来ないだろうから、じっくり観てきたいです。

トップがかっこいいですよ →  画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル
人気なのか、ちょっと混んでるみたいですね。
こないだ名古屋であった「猫展」も結構な混み具合だったし、浮世絵系は最近人気が高いんですかね。

えー、あとは自分とこの宣伝を
↓は新刊の一部
a0048237_233652.jpg

15日(土)東5ホール・ホ-43a「最高機密」
FSS本新刊出ます、13巻ネタばかり描いてます。
a0048237_2373031.jpg

今回はさすがに受験生な娘は来ないので、一人でひっそりスペースにいる予定です。

あとこれから・・・「うちのトコでは」フライヤを作ろうかと・・・思ってます
東海北陸メインで描くつもり~ 出来たらツイッターやらでお知らせしますがんばるよ



[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2015-08-13 23:09 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
国芳ねこ&広重ねこ
2015、私のゴールデンウィーク!

いつだって猫展:中京テレビ
3月に福井へ旅行したので、今年のGWはこの企画展だけ行く予定。
名古屋市博物館はよく浮世絵展を開催するので、その度に行っているところです。
国芳のねこダイスキーっぷりも大変和むのですが、広重ねこのほんわりした感じもかわいいです。
広重ねこは線があまり描かれてないので更にイラストっぽく見えますね。
マスキングテープが物販であるそうなのですが、人気がありすぎて一人ひとつしか購入出来ない模様。
公式図録とか(くるねこさんがマンガ描かれてるそうです)、鞠子猫チャームとか~あかん欲しいもの多くてやっぱり散財しそう!;

ここの近くに天むすの美味しい店があるようなので、そこも行きたいなー。



[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2015-04-30 23:47 | 外出先の話 | Trackback | Comments(0)
めずらしく流行りもの
a0048237_2025458.jpg

メレンゲとカスタードソースで、妖怪ウォッチのウィスパーだそうです(そうもちろん娘作)
何でウィスパー?なのかというと、いちばん好きだからとのこと。そうか…メジャージャンルであってもマイナー道に入るタイプなのですね貴方…


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-11-03 20:02 | 料理・食べ物の話 | Trackback | Comments(0)
歌川国貞展
a0048237_1913656.jpg

人がいっぱいの表参道からちょっと横道に入ると、静かなたたずまいで美術館がありました。
原宿という場所もあってか、観光とセットなのであろう海外の人が多かったです。

そして国貞展。
「国貞にがほ」と言われていたとおり、歌舞伎役者の絵がたくさん。
でも、この時代のトップランナーらしく、どのジャンル絵も皆お洒落というか…どれもそつなくこなせるというか…なんでも描けるが故に、現代だと、個性の強い広重や国芳に一歩足りなくなっちゃうのかも?と思いました。
美人絵はこの歌川3人の中で一番綺麗だなと思うので、上手く住み分けできてたんですねきっと。

浮世絵を見てると、歌舞伎役者は「芸能人」なんだと実感しますね。
今でいうジャニーズに近い感じ、ってくらい絵が多いです。特に市川団十郎や海老蔵、松本幸四郎がいっぱい。当時も今も人気あるってすごい。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-10-12 19:13 | 外出先の話 | Trackback | Comments(0)
連休真ん中
a0048237_1757373.jpg

台風直前でしたが雨も降らず、寒くもなく、休みを満喫できました。

スパークは、本はもう全然出なかったのですが(;_;)(それでも買って下さる方はまとめ買いされることが多いですね、その辺は嬉しいな)いつもコミケ時のビッグサイトしか見てないものだから、ゆっくり回れるのが普段見られないところを見れたりして、それはそれで新鮮でした。混雑していると同じ所しか行かなくなるので。

雑貨アクセジャンルがアニメ系を挟むように配置してあって、じっくり見ることができたのが今回の良かったこと!凝りまくったスペは眼福でした〜。欲しいと思ってたフェイクスイーツのチャームと和風デザインレザーのキーリングを買えたしね。

次のイベントは取れてれば冬コミなんですが、その頃までにFSS単行本が出てる…といいですね…。
国貞展もじっくりみれたので、これも感想を後で山ほど書きます。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2014-10-12 17:57 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
| ページトップ |