Top
何冊も抱えてるときってけっこうしあわせ
給料日の後はマンガをやたらと買い込みたくなるんですよ。
お財布にも心にも余裕があると買い方がやばいです。
勢いで夏コミのカタログも買いそうになってしまいましたが、流石に思い直しました。
書店売り2400円なんだもん・・・。見たいけど(人のカットを見るのは好き)行かないのに買うのはね・・・

いつも買ってるコミックスのほかに、これは面白いだろうたぶん、と思って買ったやつ

あさって朝子さん

伊藤 理佐 / マガジンハウス


コミックスの数が多いので、自分に合わない内容の本もあったりするのですが
この本は自分好みでした。Hanakoで連載してたとは知らんかったなあ。
30代女性の普段生活マンガ・伊藤理佐視点。
よくこんな細かいところからネタ作れるなーといつも思います。しかもそれが意外と「あるよねーこういうの」というネタだったりして。


野田ともうします。 1 (ワイドKC キス)

柘植 文 / 講談社


この作者さんのマンガは初めて読みました。
ちょっとズレた文系地味マイペース女子の大学生活。表紙がマンガ内容を上手く表していて、表紙がツボに入ったなら買って後悔しないマンガだと思います。
主人公の性格が、東村アキコ氏のマンガのサブキャラっぽいです。ナナメ方向に個性豊かなんですが、どこか憎めなくて可愛い。



ポヨポヨ観察日記 7巻(通常版)(バンブーコミックス) (バンブー・コミックス)

樹 るう / 竹書房


今日発売かと思ってたら27日だったあああorz これ買いに行ったのに・・・。
猫創作マンガで一番お薦め。キャラ全部が生き生きしてて、ただの猫可愛いマンガではなくちゃんとストーリー4コマとなってます。
「萌の乳が設定どおりになってきた」byぼすやん(細かいところ見てるよね・・・)
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2009-07-23 23:46 | 本・マンガ・同人の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gobuokami.exblog.jp/tb/8689875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 待ち時間に更新 | ページトップ | どうした私 >>