Top
麩ラスク追記
参考にしたのは こちらのサイトの、「お麩ラスク」。
サイト内で”ラスク”を検索すると出てきます。

でも相変わらず分量は自分仕様で。

麩:
小町麩というのが売ってなかったので適当にそれらしい麩
小町麩=小さい麩ということらしいです。
しきしまの白菊麩というのを使いました。小町麩の仲間だとは思います。ああいう形の麩ならいいんだよね!

マーガリン分量:
30個くらいで大さじ3に。マーガリン多めの方が美味しかった。

グラニュー糖:
好み。としか。ちょっと多めのほうが味がつくかな。
グラニュー糖をチューブにんにくに変えると簡単ガーリックです、多分。

焼く時間:
マーガリン多め=焦げやすい
ということで3分以上焼くとすぐ真っ黒に・・・。
どうせ5分もかからんのだから焼き目を見ながら焼いたほうが良いという結論になりました。
オーブントースターの1000wでうっすら焦げ目つくまでジュ~っとね。

こちらのサイトでは、同じように麩を使って「焼きチョコ」も紹介されているのですが、
ココアをまぶしても写真のようにチョコ色にならんかったのですハイ;
そんなわけで、ラスクにチョコスプレーを振りかけて、簡易焼きチョコに。

多少焦げすぎてても、サクサクの感触でそれをカバーできます。
麩っておいしいんですねー。



初めてやる料理はいつも実験状態になるなあ・・・
料理は理科の仲間ですね。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2009-02-14 22:04 | 料理・食べ物の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gobuokami.exblog.jp/tb/7953432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by samurablog at 2009-02-21 13:25
花粉症で目がかすんで超ラスクに見えた
Commented by gobupuri at 2009-02-25 22:46
でっかいラスクはそれはそれで美味そうと思うわけよ
<< のわ~~ん | ページトップ | 今年のバレンタイン >>