Top
たまには文章を書いてみるか
うちのブログからリンクを張らせて頂いてる
蘭さんのブログに、興味深い記事がありましたので考えてみました。
もう〆は過ぎてしまいましたが、ひとつの考えということで。

生きる意味がわからない、どうせ死ぬのだから何をやっても無駄






こう言う事を言ってくるタイプは大体2通りあると思います。

1)人生経験が少ない為、周囲の行動が羨ましく、そして自分には何も出来ることが無くて不安に陥っている
2)仕事や家庭の事情で自分の事を考える余裕がないまでに忙しかった為に、ふと自分の時間が出来て今までを振り返った時に絶望してしまう

どちらもキーワードは「不安」。


1のタイプであれば、
「じゃあ、死ぬ方法をいろいろ考えてみようか」

2のタイプなら、
「貴方は今まで生きて来たのだから、ここまで来れた事にもっと自信を持っていい」

経験が少ない人には、世界は自分が思っている以上に広く、自分が知らないことがたくさんあるんだと言う事を伝えたいですね。
例えば「死」という行為一つにもかなりたくさんの事柄があり、知れば知るほど漠然と考えていたものよりもずっと深いと言う事がわかってきます。

経験をたくさん積んできている人には、逆にその経験が「休むこと」を悪いことだと考えがちなので、もっと自分にわがままに、自分のやりたい事をやってみていい、と伝えたいです。
私もこれまでにいろいろ苦労はありましたが、何とかしようと思えば何とかなるものだと思いましたね。
完璧を求めるとかなりつらくなるので、あっちを引いてこっちを足して、と足し算引き算を繰り返して何とか今でもやってます。

結局は、自分に対して「自信を持つこと」だと思います。
上手くいかないことも多いと思いますが、「上手くいかないことがわかった」というのも大きなプラスだと思うのです。自分の何が向き不向きかなんてやってみないとわからないものですからね。


有難いことです(゚3゚)
毎日こんな気持ちでいられると楽しくなると思いますよ!
人生ちょっとしたことでも幸せになれるんですよ~。
[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2008-01-19 22:05 | いろいろ思う話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gobuokami.exblog.jp/tb/6696101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 久しぶり | ページトップ | 0113Gv >>