Top
国芳の水滸伝
a0048237_20235231.jpg
a0048237_20232467.jpg
以前も浮世絵展をやっていた岡崎美術博物館。
今回、国芳の水滸伝展示を開催してるとのことで、観に行って来ました。


国芳だけの展示かと思ったら、まず最初に「この時代で出ていた水滸伝本いろいろ」「水滸伝がどれだけ流行っていたか」の説明があり、北斎や月岡芳年挿し絵の本が置いてあって、これを観れただけでも来たかいがありました。
あとは有名どころの国芳水滸伝絵。よく図録で見る絵もたくさんありました。それ以外にも、水滸伝パロ絵や、水滸伝女体化絵もあって、如何にこの時大ブームだったのかがよくわかりました。女体化に走るのは日本のいつものことですね!

水滸伝が流行る→そうだこういう話どや!て感じで出来たらしい「里見八犬伝」の展示が今回の後半部分。八犬伝はメディアミックス、つまり歌舞伎の演目にもなったので、今度は国貞の出番とばかりに国貞絵が多くありました。
国貞と国芳で比べるとわかるのが、似顔絵とマンガ絵はジャンルが違うということですね。いや当たり前なんですが、浮世絵は皆同じに見えるようで、ジャンルによって表現が全然違ってるんですよね。国貞は完全に似顔絵寄りですし。題材が同じものを見比べるのは面白いですね。
その他、芳艶絵はセピア色メインの、ほか二人とまた雰囲気違う感じ。
芳年はデビューして間もない頃だったのか、まだあの特徴ある線が出ていない絵でした。明治期に出た水滸伝の挿し絵は芳年!て感じの線になってましたけどね。

この岡崎美術博物館、東公園の中の施設の一つで、東公園自体がそれはそれは広いものだから、そこにたどり着くまでが遠くて遠くて~。
もうトヨタカレンダーの夏期休暇も終わりに近いからか、お客さんがスッゴく少なくてですね…。いや、でも、この展示内容をゆっくりじっくり観れるってめちゃくちゃ贅沢だな?!?!と思いました。この内容を東京都心や名古屋でやったら、絵に顔を近づけまくるなんてできませんて!白猫の毛が空刷りで表現されてるとか、目を近づけんとわからんよ!
郊外の美術館だからこそ堪能できた感じです。

しかしねー、八犬伝のような話は日本人の心にぶっ刺さるんでしょうねー。幕末の浮世絵を見るといっつも「現代の流行りとなんも変わらんな」と思ってしまいます。
あとこの頃も歴史燃えというか萌えはあるもので、水滸伝キャラを武将に当てはめてみた絵もあったりして、ますます「江戸せんぱぁあい!うちら自信もってやってけます!ありがとうございまーーっす!」となります。

9月に東京で芳年の「月百姿」展があるんですがちょっと行けないな…と思っていたところだったので、思わぬ今回の展示内容の多さが嬉しかったです。
9月10日まで開催されてるので、行けそうな方はこの機会に行ってみてください。ほんと空いてますんで贅沢気分になれますよ!


[PR]
Top▲ | by gobupuri | 2017-08-19 21:07 | 外出先の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gobuokami.exblog.jp/tb/237594648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 晩夏なのか初秋なのか | ページトップ | 月一で残さねばならぬ! >>